骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

むくみ解消法[園部 日吉 やまぐち整骨院]

こんにちわ。

日吉のやまぐち整骨院です。

今日はむくみについてお話しします。

むくみが気になるので早く解消したい!でも産後のママの体はとってもデリケート。体に無理のない方法でむくみを解消をしていきましょう。
1.寝る時は足を高くして
お昼寝や夜寝る時は、タオルを丸めたものやクッションなどに足を乗せ、高くして寝ましょう。
あまり高くし過ぎると逆効果なので、10センチ~15センチほどの高さを目安にして下さい。足を高くすることで血流を助け、むくみを解消する効果があります。この方法なら産後すぐや入院中でも、すぐに始められますね。
2.減塩を心がける
塩分を多く取り過ぎてしまうと体内の濃度を薄めようと、水分を多く溜め込み、排出もしにくくなってしまいます。できるだけ減塩を心がけましょう。
3.「足湯」「温かい飲み物」などで体を温める
体を温めることで、血行が良くなり、むくみ改善に効果があります。
「足湯」は洗面器などに、足首の高さまで熱めのお湯をため、10分ほど足をつけて温めます。これならシャワーや湯船につかれない時でもできますね。湯船につかれるようになったら、「半身浴」なども効果的です。
「温かい飲み物」はノンカフェインのものを選びましょう。

【ノンカフェインのおすすめのお茶】
たんぽぽ茶、杜仲茶、とうもろこし茶、どくだみ茶、桑の葉茶、ルイボスティー、黒豆茶、ハブ茶、ジンジャーティ、スギナ茶、びわ茶、よもぎ茶、ごぼう茶

などはむくみ改善の効果が期待できるノンカフェインのお茶なのでおすすめです。
4.カリウムを積極的に摂取する
カリウムは余分な塩分を尿と一緒に排出したり、筋肉の働きをよくするなどの作用があります。
塩分の取り過ぎはむくみの原因のため、積極的に取り入れていきたい栄養素ですね。
カリウムは茹でたり、煮たりすると、成分が溶け出してしまうものが多いので、調理したものを汁ごと摂取すると良いでしょう。

【カリウムが豊富な主な食品】
さつま芋、やまと芋、里芋、ほうれん草、トマトジュース、納豆、バナナ、干し柿、メロン、パセリ、よもぎ、いんげん豆、アボカド、干しひじき、絹ごし豆腐、玄米、牛乳、ヨーグルト、あさり、カジキ、スルメ、煮干し、かつお節、干しエビ、きな粉、玄米

などはカリウムの成分が多い食品です。
忙しくて疲れてるから、食品から摂取するのが難しい!という方にはサプリメントも出ているので、そちらもオススメです。これなら手軽に続けていけますよね。

注意すべきは、塩分を沢山取り過ぎたからといって、多量のカリウムを摂取するのは体によくありません。
大切なのは「塩分を控えめにした上で、カリウムを適量摂取すること」です。
5.産褥体操をする
産褥体操は産後、特に問題がなければすぐに行えるほど軽い運動です。助産師さんや看護師さんなどと相談し、開始できるようであれば教わりながらスタートしましょう。

この体操は産後の筋肉を整えるだけでなく、血行が良くなることでむくみの改善にも役立ちます。
また、悪露の排出を良くしたり、母乳の出を良くしたり、便秘の予防にもなるなど、産後の色々なお悩みにとっても有効的な体操なので、是非取り入れてみてください。大切なのは決して無理をせず、疲れている時は休むことです。体調を優先し、様子をみながら強弱を調節して行いましょう。
6.着圧ソックスを履く
市販されている着圧ソックスを利用することで、血行やリンパの流れが良くなり、老廃物の排出を促進させます。サージカルソックスなどを持っている場合は、それを利用するのも効果が期待できるでしょう。
自分にあったサイズを選び、着用することが大切です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
全身骨格矯正/産後の骨盤矯正/肩こり/腰痛/頭痛/むち打ち治療/問い合わせ/地図
ちよかわ接骨院
〒621−0051
京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B(JR千代川駅下車1分)
電話:0771−23−1872
やまぐち整骨院
〒629−0323
京都府南丹市日吉町田原西畑20−10
電話:0771−72−0640
公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

投稿日:2016/04/25

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る