骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

ストレートネック・首の痛みについて【亀岡市 ちよかわ接骨院】

こんにちは。亀岡市で骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、

ちよかわ接骨院です。

 

今日はストレートネックについてお話したいと思います。

近年、パソコンやスマートフォン、タブレットPCが普及し、

画面を見続ける時間が長くなったことにより、

 

顎を前に突き出す姿勢や、ずっと下を向くような姿勢が増えました。

 


電車や車、お店や家の中でと、

多くの人がスマートフォンやノート型パソコン、タブレットPCなどの

画面を見入っている人を見かけるようになりました。

その多くは顔を下に向けた姿勢になっています。


長時間、下を向いていたり顎を前方へ突き出した姿勢をとった結果、

 

ストレートネック

 

と呼ばれる首の自然なカーブがなくなった人が増加しています。


頭が首よりも前に出る「ストレートネック」という首の状態は、

首や肩、背中の筋肉に負担がかかり、

 

慢性的な肩こりや首こり、めまい、頭痛、目の奥の痛み、吐き気、

手のしびれ、腰痛、自律神経失調症

 

といった症状を引き起こすこともあります。


頭は体重の約8%=ボーリング玉1個分(4~5kg)ほどの重さがあり、

その頭の重さを細い首や肩で支えなければならず、

 

下を向いたままだと首の筋肉(斜角筋、胸鎖乳突筋、肩甲挙筋、他)が

強く緊張し固まってしまいます。

そして、首(頸椎)のカーブが徐々に失われ真っすぐな状態になってしま

うのがストレートネックです。


以前は、
長時間パソコンを使ったデスクワークの人がストレートネックに

悩んでいましたが、

今は、20~30代の女性全般に多く見られます。

 

また、ストレートネックで悩む年代が

 

年々低年齢化している傾向があります。

 

理由は、男性よりも女性の方が首が細く筋力が弱いのと、

 

スマートフォンやタブレットPCの若年層への普及率増加にあります。

 

加えて、小さな画面で小さな文字を見たりゲームをしていると、

 

瞬きの回数が減り、ドライアイにもなります。

 

このような最近のストレートネックやドライアイの症状は

 

スマホ症候群

 

と呼ばれ始め、海外でも問題視されています。

 

 

当院では、関節矯正にて、

骨盤から背骨(腰椎、胸椎、頸椎)、

肩甲骨(肩甲胸郭関節)、肋骨(肋椎関節)、肩(肩甲上腕関節)を

調整し、首にかかる負担を軽減させ、

首のカーブを取り戻していきます。

ただし、最終的には普段の生活の中で、姿勢を意識することが

一番大切になります。姿勢についてもアドバイスをしております。

 

ストレートネックでお困りの方は、

 

亀岡市のちよかわ接骨院までご相談ください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛むち打ち治療スポーツ外傷・怪我問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

投稿日:2016/05/15

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る