骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

鍼やマッサージでも改善しない肩の痛み…腱板損傷

 

・夜、寝ていて痛みで目が覚める。

・肩が動かしにくい。

・肩を動かした時、「ジョリ、ジョリ」と擦れたような音がなる。

 

 

 

腱板損傷とは?

 腱板とは、肩関節の安定性を高める、主に4つの筋肉で構成されている筋肉と腱の複合体です。4つの筋肉はいわゆる、インナーマッスルです。

腱板の主な働きは、腕の骨を肩甲骨にある受け皿(関節窩)に引き寄せて受け皿の中央で腕の骨をスムーズに動くように骨の位置を調節する働きをしてます。腱板の上には肩峰と呼ばれる肩甲骨の一部の骨や烏口肩峰靭帯という靭帯などが存在します。腱板に炎症や疲労が出てくると腕の骨がスムーズに動かなくなってしまいます。すると、腱板が腕の骨と肩峰や烏口肩峰靭帯に腱板が挟まるような構造になっているので、腕を上げるような動作をすると肩峰と腕の骨がぶつかり合い腱板をはさんでしまいます。すると腱板が炎症を起こします、炎症が起きると痛みがでてきます。

 

このようなことが繰り返し起きていくと、腱板の強度が低下してきます。すると腱板が完全に切れてしまう事もあります。このように日々の動作で少しずつ小さい損傷が重なってゆき、やがては大きな損傷や強い痛みにつながっていきます。こういったケースで損傷する場合では多くが中年以降の男性で右肩ので発生頻度が高くなっていきます。

 

また、中年以外の方でも、肩をよく使うスポーツでも損傷を起こす場合があります。例を上げると、野球の投球、バレーのスパイクや水泳などです。原因としては、腱板筋の筋力低下や投球フォームなどの体の使い方や使いすぎなどがあります。

 

一般的な腱板損傷の治療とは?

 

病院に行くと一般的に消炎鎮痛剤の内服や患部の安静指示などです。場合によっては局部麻酔注射や、ステロイド注射をし、炎症を抑えていきます。完全に腱板が断裂している時には手術によって修復します。

 

亀岡市ちよかわ接骨院における腱板損傷の治療とは

症状を詳しく聞いた上で、理学検査をおこないます。初回の評価から痛みが出ている原因(筋肉の過剰収縮と機能不全など)をみつけ、徒手抵抗運動をふくむ運動療法を中心に、痛みが出ている箇所だけではなく、その痛みの原因となっている箇所も見つけ、痛みが再発しない根本治療をしています。骨格のバランスや筋力トレーニングやストレッチなどで再発しない体作りをサポートしていきます。

 

 

千代川町だけでなく最寄り駅が並河駅である大井町、南丹市八木町、南丹市園部町で長年の肩の痛みと手のしびれの治療に実績のある、亀岡市 ちよかわ接骨院までお気軽にご相談ください(^^)

 

 

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

TEL : 0771-23-1872

メールでのお問い合わせはコチラ

亀岡 ちよかわ接骨院(公式ホームページ)

 

当院は、並河駅が最寄りの亀岡市大井町、篠町、南丹市八木町、園部町、京丹波町、能勢町、日吉町、などから多数の方にご来院頂いております。

 

〒621-0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

「患者様へ真心を込めた施術と感動を提供します」

亀岡市ちよかわ接骨院

投稿日:2018/06/09

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る
  • タグ

  • カテゴリー