骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

大きく分けて箇所は3つ けれども本当の原因は筋肉! 胸郭出口症候群

 

こんなことでお悩みではありませんか?

つり革につかまったりドライヤーで髪を乾かしたり、腕を上に挙げた時に手がしびれる。

いつも腕や手がだるいと感じる。腕や指先にうずいたような痛みが走る。

安静にしている時でも、指や腕に違和感がある。

 

これらの症状でお悩みの場合、「胸郭出口症候群」の可能性があります。

 

胸郭出口症候群とは 亀岡市ちよかわ接骨院

胸郭出口症候群とは、首から胸にかけて繋がっている神経が、どこかの空間で圧迫されることによって痛みやしびれが出る症状です。

 

胸郭出口症候群の症状 亀岡市ちよかわ接骨院

胸部出口症候群は、手のしびれやだるさ、違和感といった症状が出ますので、同じような症状が出る頸椎椎間板ヘルニアや手根管症候群と診断される事も多いです。女性のなで肩の方に多い他、腕を挙げる事の多い教師や美容師さんにも多いともいわれています。

 

胸郭出口症候群の原因 亀岡市ちよかわ接骨院

胸部出口症候群の原因は、大きく分けて斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群の3つに分かれます。

 

斜角筋症候群とは、首の前についている斜角筋の神経が圧迫されて、手を挙げた時の痛みやしびれとして現れる症状です。斜角筋は前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋に分かれていて、前斜角筋と中斜角筋の間にある空間には、首と繋がっている腕神経叢と呼ばれる神経が通っています。腕を挙げるとこの神経が圧迫されるので、痛みやしびれとして出るのです。

 

肋鎖症候群とは、鎖骨と第一肋骨の間の隙間である肋鎖間隙を通っている腕神経叢が圧迫されることによって痛みやしびれが出る症状です。

 

小胸筋症候群とは、小胸筋と呼ばれる胸の間を通った腕神経叢が、緊張した状態が続くと痛みやしびれとして出る症状です。

 

ところが、本当の原因は神経の圧迫ではありません。なぜなら、神経が圧迫されるとしびれや痛みではなく麻痺として出るからです。本当の原因は、各箇所の筋肉に負荷がかかり、緊張状態が続くことによって筋肉が硬直、トリガーポイントと呼ばれるしこりができる事なのです。

 

胸郭出口症候群の治療 亀岡市ちよかわ接骨院

当店では、胸郭出口症候群の症状を治すために筋肉にアプローチを行っています。全身の筋肉の中から、胸郭出口症候群を引き起こしているトリガーポイントを見つけるために、問診でしっかり原因を推測してから検査を行います。検査でトリガーポイントができている場所の判断ができれば、触診でそれを確定させます。原因のトリガーポイントへ血流改善などのアプローチを行い、根本からの改善を行っています。

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

TEL : 0771-23-1872

 

メールでのお問い合わせはコチラ

 

亀岡 ちよかわ接骨院(公式ホームページ)

 

当院は、並河駅が最寄りの亀岡市大井町、篠町、南丹市八木町、園部町、京丹波町、能勢町、日吉町、などから多数の方にご来院頂いております。

 

〒621-0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

「患者様へ真心を込めた施術と感動を提供します」

亀岡 ちよかわ接骨院

 

投稿日:2018/02/06

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る