骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

子供の肘が抜けたとき【亀岡市 ちよかわ接骨院】

こんにちは。亀岡市で骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、ちよかわ接骨院です。

 

本日は、「肘内障(ちゅうないしょう)」についてお話したいと思います。

 

肘内障という言葉を初めてお聞きした方もおられるかと思います。

 

肘内障とは、俗にいう「ひじが抜けた」という状態です。

 

 

2歳〜4歳の幼児に多い脱臼の一つで、不全脱臼(関節が外れかけた状態)に分類されます。

 

原因は転んだ時に手をついた、親(大人)が腕を引っ張ったなどがあり、特に親が腕を引っ張った際に起こることが多いため、「腕引っ張り症候群」とも言われています。

 

ではなぜ、腕を引っ張った時に起こりやすいのか?

それは力が抜けているからです。

例えば、子供に「腕引っ張るよ」と言うと、子供は腕に力を入れて引っ張られる準備をしますよね。でも、遊ぶことなど他のことに集中していると、肘の周りの筋肉に力が入っていない、もしくは引っ張られる準備ができていません。

その時に、親が「帰るよ」といいグッと腕を引っ張ると、肘が抜けてしまうということです。

 

今までの文章を見ると、まるで親が悪いかのように思えますが、そうではありません。

お父さん、お母さんが少し子供に引っ張られる準備をする時間を与えてあげるだけで、こういったトラブルは起こりにくくなります。

子供は、大人の時間など気にせず遊びますが、焦る気持ちを押さえて、声をかけ、一瞬だけ時間をあげてください。

 

しかし、大人がどれだけ注意をしても怪我というものは防ぎきれないものです。

子供がもし「肘が痛い!」と言っている、急に腕を使わなくなった!など肘内障かな?と思った時は、病院へ。

でも病院に行ったけど、担当の先生がいなかった、シップだけ渡されて終わったということもあるかと思います。

 

そんな時は接骨院へ。

接骨院の先生は、骨折や脱臼・捻挫も治すことが出来ます。

もちろん肘内障もです。

 

ちよかわ接骨院では、外傷(怪我)も治療もしていますので、肘内障でお困りの際は、お気軽にお電話してください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛むち打ち治療スポーツ外傷・怪我問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

 

投稿日:2016/04/23

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る