骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

肝硬変について[京丹波町 日吉 やまぐち整骨院]

こんにちは。

日吉のやまぐち整骨院です。

今日は肝硬変についてお話します。

肝臓の機能が低下すると、血液の中のアルブミンという血管の中に水分を止めておくタンパク質が作られなくなり血管の中の水分が細胞に滲み出てむくみを生じます。

肝臓の機能低下を起こす病気もたくさんあります。例えば肝臓がん、肝炎(C型肝炎やアルコール性のもの)、肝硬変などによるものです。肝硬変は慢性的に肝炎に犯されると肝硬変になり肝臓の機能が働かなくなります。

肝硬変など肝臓の機能低下によるむくみは黄疸、吐血、腹水などを伴います。肝臓は沈黙の臓器などと呼ばれ、なかなか症状が現れない特徴があります。

黄疸は眼の眼窩や白目の部分が黄色味を帯びます。肝臓機能低下によるむくみは超音波検査などの精密検査が必要な場合があります。黄疸を伴うむくみの場合は、内科に受診しましょう。むくみは腎臓の機能だけが原因ではなく、肝臓の機能も大きく関係します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
全身骨格矯正/産後の骨盤矯正/肩こり/腰痛/頭痛/むち打ち治療/問い合わせ/地図
ちよかわ接骨院
〒621−0051
京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B(JR千代川駅下車1分)
電話:0771−23−1872
やまぐち整骨院
〒629−0323
京都府南丹市日吉町田原西畑20−10
電話:0771−72−0640
公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

投稿日:2016/08/25

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る

  • タグ

  • カテゴリー