骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

肩に痛みが出る上腕二頭筋長頭腱炎って何!?

こんにちは、ちよかわ接骨院です。

 

 

今日は肩周辺に痛みの出る疾患の中で、上腕二頭筋長頭腱炎というものをご紹介します。

 

 

上腕二頭筋とは、肘をぐっと曲げた時に力こぶが出来ますが、その筋肉を上腕二頭筋と言います。

上腕“二頭筋”と言われるのは、上腕二頭筋の中でも短頭筋と長頭筋の2つの筋肉で構成されているからです。

 

 

 

2つの筋肉のうち、長頭筋は肩の関節の中を通って外側に出ていくのですが、その際に結節間溝という骨にある“くぼみ”を通る部分があります。

上腕二頭筋長頭筋の腱がこの“くぼみ”を通るのですが、その部分で痛みが出る症状を上腕二頭筋長頭腱炎と言います。

 

 

 

具体的な症状は、、、

 

肘と肩をまっすぐ伸ばそうとすると肩の前側(結節間溝部)に痛みを覚え、また投球動作において二の腕から前腕部にかけて広範囲に痛みがあります。

 

また寝ている時の激痛(夜間痛)も特徴的な症状です。

 

この痛みにより、重いものを持ち上げたり、腕を外側に向ける動作に制限が出てきます。

 

 

上腕二頭筋長頭腱炎は、野球やバレーボール、水泳、テニスなど肩を大きく動かす動作を繰り返し行うスポーツでよく発生します。

 

また中高年の場合では特に運動をしていなくても肩関節周囲炎の1つの症状として発生する場合もあります。

 

 

原因としては上記のようにその構造上の問題によりストレスが繰り返し起こることで炎症が起こりやすい状況にあることが一因です。

また炎症や刺激が繰り返し起こることで徐々に弱化していき変性した結果、断裂に至る場合があります。

 

 

ぶつけたなどで急に起きるものではない(上腕二頭筋腱の断裂を除いて)ので、日頃から腕をよく使う人は注意が必要です。

しかし、痛みが起きるまではそこまで酷使していると思っていない人もいます。

 

 

肩の痛みと言ってもいろいろな疾患がありますので、このような症状でお悩みの方、身近にお悩みの方がいらっしゃる方、ぜひご相談ください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛むち打ち治療スポーツ外傷・怪我問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

投稿日:2017/03/03

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る