骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

背骨(姿勢)のバランスが悪いと・・・

今回は背骨の構造や背骨の役割について簡単に書いてみます。

 

 

一般的に背骨というと体の真ん中にある骨で、中心で体を支えているものです。

背骨は全てで26個の骨で構成されていて、その内容とは、頚椎(首)で7個、胸椎で12個、腰椎で5個、仙骨(お尻の後面)で1個(5個の仙椎が癒合)、尾骨が1個と、この骨が積み重なって出来ています。

 

それぞれの椎体の間に椎間関節という関節が存在し、一つ一つがわずかに可動性を持つことで全体として大きな動きが出来ています。

 

 

では背骨の役割とは、、、

 

・頭(平均で5キロ)や体の胴体を支える

・四肢以外の運動を可能にする→上肢・下肢へ力を伝達する

・脊髄神経(背骨の中心を走る神経)の保護する

・肋骨とともに内蔵を保護する

・体幹を直立位に保つ

 

などがあります。これらの役割はそれぞれ関連していて、上手にできないと体に色々な影響が出てきます。例に上げると、背骨のバランスが悪いと頭や胴体をきっちり支えることが出来ず肩こりや腰の痛みの原因になります。また背骨のバランスが悪いことで背骨の中にある脊髄神経の働きが悪くなり、その結果自律神経の乱れる原因にもなり得ます。

 

 

バランスの良い背骨(姿勢)とは、、、

 

体を真横から見ると、頚椎(首)は前方に軽く弯曲、胸椎は後方に弯曲し、腰椎で再び前方に弯曲するS字状の形をしています。

 

これらの生理的弯曲があることで衝撃を和らげ体に対してダメージを分散する役割を果たしてくれます。

 

 

頚椎の弯曲は頭を支える役割があり(クッションのような・・・)、胸椎の弯曲で内蔵を保護してくれています。さらにその下にある腰椎の弯曲では頭や胴体を支えています。

 

 

例えばこのS字状のカーブが無くなっていますと、頚椎ではストレートネック、腰椎ではストレートバックと呼ばれ、それが様々な症状の原因になります。

 

これに加え、背骨の土台となっている骨盤のバランスが悪いとその上にある背骨もバランスも悪くなりやすくなります。

 

 

今日は背骨について簡単に書いてみました。皆さんの中で何か気になる所がありましたら、気軽に相談していただければと思います。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

施術メニュー

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛坐骨神経痛股関節痛膝の痛み足裏の痛みスポーツ外傷・怪我

交通事故施術

むち打ち治療頚部捻挫手の怪我足の怪我バイク事故自転車事故

自動車事故・人身事故頭痛治療接骨院と整形外科の違い慰謝料 交通事故

当院のご案内

アクセス問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

投稿日:2017/08/24

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る