骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

腕のしびれ 斜角筋症候群について【亀岡市 ちよかわ接骨院】

こんにちは。亀岡市で骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、ちよかわ接

骨院です。

 

今日は、腕のしびれと斜角筋症候群についてお話したいと思います。

 

斜角筋症候群とは、肩の痛みや腕のしびれを主症状とする胸郭出口症候群の一種で

す。

胸郭出口症候群と呼ばれるものには他に、肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)、

小胸筋症候群(しょうきょうきんしょうこうぐん)、頚肋症候群(けいろくしょう

こうぐん)などがあります。

 

体の中にある骨はいろんな臓器を守っていますが、胸郭とよばれる胸の部分では肋

骨が心臓や肺を保護しています。

骨は臓器をまもるだけでなく、心臓から全身にのびている血管や神経なども守って

います。

しかし、何らかの原因で血管や神経などの通り道がふさがれてしまうと、だるさや

しびれ、冷え性などが起きてしまいます。

 

【斜角筋症候群の原因は?】

肩の部分には、さまざまな神経や血管が通っています。

肩周辺には、中斜角筋・前斜角筋・第一肋骨の三つが作っている間隙があり、この

間隙を腕神経叢とよばれる神経と鎖骨下動脈が通っています。

この間隙が狭くなると神経や血管が圧迫されてしまい、しびれがでたり血流が悪く

なったりします。

この部分でおこる胸郭出口症候群が、斜角筋症候群と呼ばれています。

 

【斜角筋症候群の症状は?】

斜角筋症候群は、その部位の骨の位置がずれてしまったり、斜角筋そのものが肥大

化することによって起こります。

斜角筋隙が狭くなっているために、そこを通る神経や血管が圧迫されて、さまざま

な症状がでてくるようになります。

肩や腕の感覚がなくなったり、手のひらの温度が低くなったり、脈拍が弱くなった

りします。

腕をあげているだけでこのような状態になることがあります。

そのため、腕をあげてしばらくすると手のひらが白くなる場合には、斜角筋症候群

が疑われます。

原因となる関節や筋肉、リンパの流れ等を治療すれば、日常生活で困難になってい

た作業が楽になります。

骨の位置を元々あった位置に戻すことによって、血管や神経の圧迫がなくなり冷え

性や痛み、コリなどが改善されるようになります。

治療にともなう痛みはありませんので、斜角筋症候群でお困りの方はちよかわ接骨

院までご相談ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛むち打ち治療スポーツ外傷・怪我問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

 

 

投稿日:2016/03/30

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る