骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

子供の肘の脱臼。。。肘内障

皆さんは、特に父親・母親になってから、小さい子供が急に片腕を動かさなくなったり、腕を触られると泣き出すような経験があるでしょうか。

 

 

腕のケガ?病気?それともグズっているだけ?

 

 

多くの場合、これは肘内障(ちゅうないしょう)という肘の脱臼なんです。別名・専門用語で橈骨頭亜脱臼とも言われます。

これは、子供の手を急に引っ張ったり、変な角度でグイッと腕を引かれた時などに起こります。まれに腕を自分の体の下敷きになったまま寝返りをうった際に発生することもあります。

 

 

人間の前腕の骨には橈骨と尺骨という2本の骨で構成されています。

個の2本の骨は肘の外側で輪状靭帯という靭帯によってくっついています。

 

成人では、この靭帯は骨にしっかりハマっていて簡単に抜けることなど無いのですが、小児では骨の端がまだ軟骨の状態で軟らかく靭帯も軟らかいため、スポッと抜けてしまうことがあります。

 

この輪状靭帯が外れ橈骨と尺骨がうまく動かせなくなった状態を肘内障といい、2〜6歳までで多く発症し、骨や靭帯が発達する7歳以降にはほとんど見られることがありません。

 

 

 

患部は肘なのですが、腕の動きを抑えて痛みをかばい、手首を持つことが多いので保護者は手首を怪我したと思われる方もいます。

以前勤務していた整形外科でもほとんどの場合大泣きして来院すること多いのですが、その場ですぐ治るので施術後には何事もなかったように帰っていきます。

 

 

ただ、時々ですが肘内障に見えて実は骨折しているケースがあります。(ここが重要なんです・・・)

 

もちろん肘内障自体は基本簡単に入るのですが(まれに入りにくいケースもあります)、骨折しているのか、脱臼しているのか、きちんと鑑別しなければいけません。ですので初診がとっても大事なんです。

 

 

そして初診できちんと抜けた肘を整復しないと、子供は恐怖心を持ってしまい更に入りにくい状況になります。

 

 

小さなお子さんをお持ちのお父さんお母さん、比較的多いこの肘内障というケガですが、もしお子さんの肘が痛いというような状況でお困りの際は、ぜひご相談頂ければと思います。

 

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛むち打ち治療スポーツ外傷・怪我問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

投稿日:2017/02/14

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る