足裏の痛み 足底腱膜炎

休んでも取れない足の裏の痛みを感じるようになった方は、もしかしたら足底筋膜炎かもしれません!

足裏の痛み 亀岡市 南丹市 ちよかわ接骨院

亀岡市のちよかわ接骨院では、亀岡市はもちろん、南丹市や京丹波町から足裏筋膜炎の治療の為に来院する患者様も多くなっております。しかも気付かない内に発症してしまっている怪我でもあります。

足底筋膜炎は足の裏の筋肉が引き伸ばされる事によって起きる、足の裏のねんざを指します。サイズの合わない靴を履き続けてしまった時や、足の裏側を引き延ばしてしまうような無理な態勢を取った時に発症しやすい怪我となっています。

また、ウォーキングやジョギングを続けている方が足裏筋膜炎を発症する事もあり、スポーツ外傷の一種としても知られています。

 

足底腱膜炎で注意すべきことは3つあります。

 

 

 

足底腱膜炎で注意すべき3つのこと 亀岡市 ちよかわ接骨院

一つは、症状を感じたらすぐに受診する事です。

足の裏をつかまれていきなり引っ張られた、新しい靴を下した途端に足の裏の痛みに悩むようになったなどの時には、急性の足裏筋膜炎である事が多いです。

急性の足底筋膜炎は放置すると慢性的な症状となってしまい、より完治が長引く、難しくなってしまいます。また、慢性的な症状や怪我ではなく病気由来での足裏筋膜炎の治療は、整骨院よりも整形外科の方が適切である場合があります。そのような時でも、亀岡市のちよかわ接骨院は整形外科への紹介も行っておりますので、患者様の症状に応じて適切な治療をご提供する事ができます。

二つ目が、原因を把握した上で治療を行う事です。

足底筋膜炎は、靴のサイズが合わなくなった事、ジョギングやダンスなどで足の裏を酷使した事、急激な体重増加によって足裏の筋肉に負担がかかった事、など原因が多岐に及んでいます。また、原因に応じて適切な治療が必要となりますので、足底筋膜炎でも全ての患者様に対して「シップを貼って終わり」という治療は適切ではありません。原因に応じた正しい治療をご提供するのが完治に繋がります。

当院では、患者様の足底筋膜炎の原因を特定した上で、適切な治療をご提供しております。もしも、他の医療機関などに既に通院している場合でも併用もしくは転院する事も可能ですので、お気軽にご来院下さい。

三つ目が、治療に専念できる環境を作る事です。

足底筋膜炎を発症したら、ジョギングやダンスを行っている方は一時止める、家事なども立ちっぱなしで行うのではなく座りながら行うなど、足の裏を休ませてあげる状況を作れば、完治への時間も短くなります。

亀岡市のちよかわ接骨院では、足底筋膜炎も完治まで、患者様をしっかりサポートしながら治療を続けますので、ぜひご来院下さい。

亀岡市、南丹市 ちよかわ接骨院 お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る