脊柱菅狭窄症

  • 腰が痛い
  • 足がしびれる
  • 太ももの外側からお尻にかけて痛む
  • 歩き続けると、足や腰にしびれが出る
  • お尻周りに違和感がある

脊柱管狭窄症とは

 脊柱(背骨)は「椎骨」という骨が積み重なって構成されています。椎骨の中には空洞があり、積み重なることでトンネル状の穴を作っています。このトンネルを脊柱管と言い、重要な神経の束である脊髄神経が通っています。脊柱管狭窄症とは、脊柱管(背骨の中のトンネル=神経の通り道)が狭くなり、そこを通る神経が圧迫されることで、足腰の痛みやしびれ、違和感となって現れる病気と言われています。脊柱管の内部は、年齢とともに狭くなるので、高齢になるほど脊柱管狭窄症になる可能性は高まります。背骨の構造的に、腰椎(背骨の腰の部分)の下位に負担が集中しやすく、椎骨と椎骨がズレたり脊柱管が狭窄することが多いですが、頚椎や胸椎でも脊柱管の狭窄は起こります。

 

脊柱菅狭窄症の症状とは?  亀岡市ちよかわ接骨院

 

脊柱管狭窄症は、神経が狭窄される部位によって、神経根型、馬尾型、混合型の3タイプに分けることができます。

神経根型の神経根とは、脊髄神経から枝分かれした神経の根元のことで、背骨の左右から出ています。神経根型の脊柱管狭窄症では、同時に両方が圧迫されることは稀で、症状もどちらか一方の足に現れることが多いです(片側性)。その症状は、長時間立っていたり歩いたりしたときに、神経根が圧迫されている側の腰から臀部、太もも、ふくらはぎ、すね、足裏にかけての痛みやしびれが出ることです。間欠性跛行(少し歩くと足が痛くなるが、休むとまた歩ける)が起こり、長距離を歩けなくなります。

馬尾型の馬尾とは、脊髄の末端にある神経の束のことで、ちょうど馬の尻尾のように神経が束になっています。馬尾型の脊柱管狭窄症の特徴として両足に症状が出ることです(両側性)。神経根型ほど痛みが強くないことが多いですが、お尻回りの冷感や灼熱感など異様な違和感が現れることがあります。

そして脊柱管狭窄症で最も厄介なのが神経根型と馬尾型が併発した混合型です。

症状も2つのタイプを合わせた症状が現れ、重症化すると、排尿・排便障害まで現れることもあります。

脊柱管狭窄症の原因とは  亀岡市ちよかわ接骨院

脊柱管狭窄症で痛みやしびれが出る直接の原因は、脊柱管あるいは枝分かれした神経の通り道がなんらかの要因で狭くなり、通っている神経が圧迫されて腰や足のしびれや痛みが出てきます。では、脊柱管を狭くしている要因は何かというと、次のような要因が挙げられます。

  • 椎間板の変性・・・椎間板(椎骨と椎骨をつなぐ組織)を覆っている線維輪が傷んで、中にあるゼリー状の髄核がはみ出て、それによって脊柱管や椎間孔が狭くなる。
  • 椎体の変形・・・椎間板の変性に伴い、その上下にある椎骨の縁に骨棘という棘のようなでっぱりが生じ、それが脊柱管や椎間孔にせり出すことで神経が圧迫される。
  • 靱帯の肥厚・・・脊柱管の前後にある靱帯がたわんで分厚くなり、脊柱管が狭くなり神経が圧迫される。
  • 腰椎すべり症・・・椎体と椎体が前後にずれた状態で、ズレの程度が大きくなると脊柱管や椎間孔が狭くなり神経が圧迫される。
  • etc・・・

 このような要因が起こる大きな原因が「姿勢」です。

私たちの体を支えている背骨は、横から見るとゆるいS字のカーブを描いています。正常であれば頚椎と腰椎は緩やかに前方に湾曲し、胸椎は後方に湾曲しています。本来ならこのS字のカーブがクッションのような役割をはたし、頭の重さや歩いたり走ったりしたときの衝撃から椎間板の損傷や劣化を防いでいるのです。脊柱管狭窄症でしびれや痛みを訴えている方は背骨のカーブが失われていたり、逆にカーブがきつくなったりと、きれいなS字のバランスが失われている人が非常に多いです。

 特に問題になってくるのが前かがみの姿勢です。長時間のデスクワークによる座り姿勢や家事、工場や農業で中腰の作業が続くなど、生活の中で前かがみの姿勢になっている時間はかなり多いです。加えて運動量の不足や加齢による筋力の低下などが重なることで、背骨の正しいカーブが失われていくのです。まず頚椎では、頭を前に倒した姿勢を続けることで前弯が失われ、まっすぐな状態になってきます(ストレートネック)。胸椎では緩やかな後弯が過度に強まります(猫背)。すると全体のバランスを取るために腰椎は前弯が失われ、まっすぐになり固まってしまいます。上半身が前に傾いてしまうために、背中や腰の筋肉が硬くなり、重心が前にずれてしまい、かかとではなくつま先で体重を支える状態になってしまいます。

 身体の正常なバランスが失われることで、背骨に過度な負担がかかり、脊柱管狭窄症の原因である神経の通り道を狭くしてしまっているのです。つまり脊柱管狭窄症の原因の多くは日常生活での悪い「姿勢」にあったのです。

ちよかわ接骨院の脊柱菅狭窄症の治療

脊柱管狭窄症で「姿勢」を改善していくには、痛みのある部分だけではなく全身を見ていく必要があります。ちよかわ接骨院では、まず身体の土台となっている骨盤の歪みを調整し、身体全体のバランスを整えていきます。施術はバキバキと音が出るような施術ではなく、痛みのない矯正を行いますのでリラックスして受けていただけます。

慢性的な腰の痛みや足のしびれがあり、強いマッサージをして一時的に楽になることはあっても、またすぐに症状が戻ってしまうという方は、根本的な改善が出来ていない可能性があります。

脊柱管狭窄症と診断され、しびれや痛みがなかなか改善されない方、ちよかわ接骨院の姿勢矯正をぜひ一度お試しください!

亀岡市、南丹市 ちよかわ接骨院 お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る