骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整で根本的に改善!

腱鞘炎の原因は様々です…仕事、スポーツ、育児など

kennsyouennnogazou

 

こんにちは、亀岡市・南丹市のちよかわ接骨院です(^^) 当院は亀岡市千代川町だけでなく、最寄り駅が並河駅である大井町、南丹市八木町、園部町からも多くの患者様が来院いただいております\(^o^)/

 

今日は腱鞘炎についてお話をいたします!

 

腱鞘炎とは、手や指の使い過ぎによって起きる症状です。手の骨と筋肉を繋げるために、繊維の組織である「腱」が何本も存在していますが、この腱を一つにまとめている部分が「腱鞘」と呼ばれています。手や指を使い過ぎたり、負担を掛けたりすることによって腱鞘の部分が炎症を起こしてしまい、手や指の痛みとなって表れるのが腱鞘炎です。

 

腱鞘炎は、手や指の使い過ぎが原因ですので、その原因は様々存在しています。主に漫画家や作家など、日ごろペンを持ち過ぎていたり、字を書きすぎていたりする人がなりやすい症状と言うイメージがあります。けれども、毎日重たい荷物を運ぶ製造業や運送業の方、パソコンのタイピングが多い事務職の方まで、色々な職種の方の仕事内容が原因となっている事もあるのです。

 

腱鞘炎の原因は仕事だけでなく、ボールを投げたり、ラケットやクラブを振ったりと言ったスポーツの動作や、赤ちゃんやお子さんを抱っこしたり、おんぶしながら家事をしたりといった育児における動作が原因となる場合もあります。

 

腱鞘炎の症状は大きく分けて「ドゥケルバン症候群」と「バネ指」の二つに分けられます。ドゥケルバン症候群とは、手首の親指側の腱と腱鞘に炎症が起きている症状です。物を持つ、ペットボトルをひねる、細かい作業をする、などでズキズキとした痛みが出るのが特徴です。

 

 

バネ指とは、腱鞘炎が指の付け根に起こっていて進行している症状を指します。特に指の付け根には負担がかかりやすい為、出産したばかりで赤ちゃんの抱っこに慣れていない方や、授乳で無理な態勢をしている出産後の女性にも多い症状です。

 

腱鞘炎は、痛みがあってもしばらく経てば痛みがおさまるため、放ったままにしている方も多いです。ところが、腱鞘炎を放置しておくと、炎症が進行して指が曲がらなくなってしまう危険性もあります。

 

放置したままになっている腱鞘炎でお悩みの方や、初めての痛みに「もしかして腱鞘炎かも?」と思った場合にも、亀岡市・南丹市のちよかわ接骨院までお越し下さい。

当院は亀岡市千代川町だけでなく、最寄り駅が並河駅である大井町、南丹市八木町、南丹市園部町からも多くの患者様が来院いただいております^_^

腱鞘炎につきましても炎症を起こしている部分や症状をしっかりと把握した上で、患者様に合った施術をご提供しております。出産直後の女性でも、当院はお子様連れでのご来院も大歓迎です。女性スタッフも在籍しておりますので、施術中も安心です。

 

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

TEL : 0771-23-1872

 

 

メールでのお問い合わせはコチラ

 

 

亀岡 ちよかわ接骨院(公式ホームページ)

 

 

当院は、並河駅が最寄りの亀岡市大井町、篠町、南丹市八木町、園部町、京丹波町、能勢町、日吉町などから多数の方にご来院頂いております。

 

〒621-0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

「患者様へ真心を込めた施術と感動を提供します」

亀岡 ちよかわ接骨院

投稿日:2017/10/15

ブログ一覧

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る