ばね指

  • 朝起きたら指が伸びない!
  • 指を伸ばすときに、バキーンっとなる感じがする
  • 指の曲げ伸ばしで痛みを感じ、カクカクする
  • 注射をしたが、とても痛かったのでもうやりたくない
  • 手首が腫れているような気がする

ばね指とは

ばね指とは別名”弾発指”と言われ、肥厚性腱鞘炎といって腱鞘炎の中の一つの疾患です。

 

指を曲げ伸ばしする際に、曲がったまま伸びなかったり反対の手を使わないと真っ直ぐにならない、伸ばそうとする時にカクッと急に伸びるなどの症状があります。

 

 

 

最初のうちは指を曲げたり伸ばしたりする時に違和感を感じる程度ですが、症状が重くなると外科的処置(注射や手術)することも多々あります。

 

 

指と腱鞘の関係

まず指を動かすには指を動かす腱(筋肉と骨を結びつけている丈夫な繊維組織)を包んでる腱鞘が炎症を起こし上記のような症状を起こしてしまう疾患です。腱鞘はトンネルのような構造で腱が腱鞘の中でスムーズに動いてくれるよう滑液を分泌したり、腱と骨をしっかりつなぎながら固定する役割があります。

 

バネ指の原因

 

使いすぎや何らかの理由で滑液の分泌が減ってくると腱と腱鞘の間での動きが悪くなり次第に摩擦が強くなり、結果痛みを伴う炎症(腱鞘炎)が起こり腱を包んでいる腱鞘が狭くなったり、腱そのものが厚くなって腱鞘の中をスムーズに通過できなくなります。その後、摩擦を起こしている部分がコブのように肥厚しより引っかかる原因になります。

 

バネ指の起こりやすいのは男性?女性?

基本的に女性に多く母指・中指・薬指に比較的多くみられます。

 

 

バネ指が起こる以外な原因も

ばね指に関してそもそもの本当の原因は分かりづらく、治りも緩慢ですが、上記で説明した原因以外に、筋膜の関係も言われています。

筋膜とはわかりやすく言うと…鶏肉などの皮を剥がそうとすると肉と皮の間によく見ると薄い膜があります。これが筋膜になり人間はもちろん動物全般に見られます。一つ一つの筋肉がそれぞれ筋膜に包まれており、筋膜自体はもともと柔軟性があり筋肉の表面全体をきっちり包んでいます。

ですが、筋肉を過剰に使うと筋膜と筋膜が重なる部分で動きが悪くなり癒着といったことが起こってきます。その結果、痛みの原因になり得ます。筋膜同士の動きを改善(筋膜リリース)することでその痛みが減少・消失していきます。

 

また女性ホルモンの影響によって出産後や更年期にもこういったばね指や腱鞘炎が出現することもあります。

 

 

他にもバネ指となりうる原因

ここで一つ、疑問が…

手や指を同じようにたくさん使っているのにばね指になる人とならない人がいる…

この違いは一体?

 

 

それは・・・日常の生活習慣の中にあります。

これはばね指や腱鞘炎だけでなくすべての疾患・症状にも同じように言えます。

 

例えば…睡眠をちゃんと取れているか?

 

どれだけ睡眠時間を取れているか。睡眠というのは一つの要素ですがとても重要になります。睡眠というのは毎日の積み重ねで、次第に疲労が溜まり血液循環のが悪くなり、その結果筋肉の緊張を引き起こします。

 

血液の循環が悪くなることで、筋肉が緊張し、さらに冬の季節などには気温も下がり、より血流が悪くなることでばね指の発症も増えます。ですので、一見ばね指と関係ないと思われる睡眠もばね指の痛みやそのものの改善には大変関係があります。

 

今回、睡眠という例を出しましたが、その他にも原因となるものがあります。

 

症状がかなり強い場合では手術をしなくては、という場合もありますが程度の軽い場合や比較的初期での状態であれば整形外科的処置でなくても良くなります。

 

亀岡市ちよかわ接骨院におけるバネ指の治療とは

 

当院では筋膜リリース、矯正などの治療以外に超音波治療や鍼治療などがあります。

今現在バネ指の症状で悩んでおられる方は、お気軽にご相談ください。

 

亀岡市、南丹市 ちよかわ接骨院 お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る