骨格・骨盤矯正×深層筋調整×関節調整

足が痺れてる!?おかしいなと思ったらすぐ受診!その我慢、辛さが長引く原因に!

 

お尻や足にかけて、気が付いたら痺れが出るようになった…という症状にお悩みの方はいらっしゃいませんか?単なる痺れだから、と我慢したり、放置したりするのは大変危険です。その痺れの原因は、もしかしたら坐骨神経痛かもしれません。

 

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が伸びている箇所のどこかで圧迫や刺激され、痛みや痺れとして出る症状です。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは、亀岡市・南丹市のちよかわ接骨院です(^^) 当院は亀岡市千代川町だけでなく、最寄り駅が並河駅である大井町、南丹市八木町、園部町からも多くの患者様が来院いただいております\(^o^)/

 

 

坐骨神経痛は、中高年の方が悩む事が多い症状です。また、妊娠中の女性がお腹が大きくなることによって体を支える筋肉に負荷がかかり、一時的に坐骨神経が圧迫されて坐骨神経痛に悩む事も多いですが、出産と共に改善される事がほとんどです。

そして、坐骨神経そのものに異常があるのではなく、腰痛やヘルニア、脊柱管狭窄症などの症状によって坐骨神経が圧迫されて発症する事がほとんどです。

 

つまり、足の痺れの裏には坐骨神経痛が、そして坐骨神経痛の裏側には他の症状が隠れているという事になります。

足の痺れが坐骨神経痛かもしれない!と思った時、簡単にチェックできる項目をまとめてみました。

・お尻や足にかけて、痛みや痺れを感じる

・長時間座っているのが、痺れてしまうので辛く感じる

・腰を反ったり曲げたりすることによって痛みがでるのが怖い

・歩いている時に足の感覚が鈍い

 

この内ひとつでも当てはまる症状があれば、坐骨神経痛の可能性が高いです。

単なる足の痺れだと思って放置していても、症状の改善には繋がりません。さらに、坐骨神経痛の裏に隠れている症状が悪化してしまう為、坐骨神経痛も悪化し、痺れや痛みが増して座るのが困難になってしまう事もあります。

 

辛い足の痺れや痛みにお悩みの方や、既に坐骨神経痛と診断されていても改善しない事でお悩みの方は、ぜひ南丹市の八木、亀岡市並河からも来院があるちよかわ接骨院までお気軽にご相談下さい。

南丹市の八木、亀岡市並河からも来院があるちよかわ接骨院では、施術をご提供する前に徹底した検査を行い、痛みの原因を特定した上で適切な施術をご提供しております。一時的な辛い痛みの改善だけでなく、痛みの原因となっている体の構造や機能を正常に戻すことによって根本的な改善、そして坐骨神経痛が再発しにくい体つくりも同時に目指しております。ご来院前に、電話でお問い合わせいただく事もできますので、ご不明、不安な事がございましたら、どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

 

土曜日も開業しており、平日お仕事で忙しい方など、社会人の方の患者様にも多くご利用いただいております。

千代川町だけでなく最寄り駅が並河駅である大井町、南丹市八木町、南丹市園部町で肩こりの治療に実績のある、亀岡市ちよかわ接骨院までお気軽にご相談ください(^^)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

施術メニュー

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛坐骨神経痛股関節痛膝の痛み足裏の痛みスポーツ外傷・怪我

交通事故施術

むち打ち治療頚部捻挫手の怪我足の怪我バイク事故自転車事故

自動車事故・人身事故頭痛治療接骨院と整形外科の違い慰謝料 交通事故

当院のご案内

アクセス問い合わせ地図

【最寄り駅が並河駅である大井町、南丹市八木町、園部町、京丹波町からも来院】

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

公式サイト ちよかわ接骨院

 

投稿日:2017/07/18

腰の痛みを放っておくと…症状が悪化してしまいます!

こんにちは、亀岡市のちよかわ整骨院です。

 

日本の国民病と言われている腰痛、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

腰痛は、常に腰が痛いわけではなく、寝返りをうった時や長時間座っていた時、長時間歩いた時だけ痛みが出る、といった方も多いです。その為、大したことがないと思って、痛みを放ってしまう方がほとんどです。

けれども、日常動作に支障のない腰痛だからと放置すると、症状が悪化する危険性があります。今日は、腰痛が悪化する事によって起きる可能性のある症状について見てみましょう。

 

坐骨神経痛…

腰から足にかけて伸びている坐骨神経が、何かの原因によって圧迫されて痛みや痺れを感じます。坐骨神経を圧迫する要因は、腰痛やヘルニアなどの為、根本の原因を取り除かない限り、坐骨神経痛も改善しません。

 

椎間板ヘルニア…

ヘルニアとは、体の中にある器官や臓器が本来の場所から外に出てしまっている状態の事です。椎間板ヘルニアとは、背骨のクッション部分である椎間板の中にある髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまっている状態になる事です。

椎間板ヘルニアになると、神経が圧迫されて痛みや痺れを引き起こします。症状がさらに悪化すると、足が動かせなくなる事があります。

椎間板の組織は、加齢や腰の酷使によってどんどん劣化してしまいますが、腰痛の状態を放置するのも、椎間板ヘルニアが起きやすい状況を作る原因のひとつです。

 

腰椎すべり症…

腰の骨(腰椎)が、すべってずれている状態を指します。腰椎は、普段関節や靭帯で固定されているため、固まっている状態ですが、何らかの原因で関節や靭帯が損傷や機能しなくなった時に、腰椎を固定するものがなくなり、滑ってしまうのです。

腰椎すべり症の原因は、急激に腰を使った事や加齢、生まれつき腰椎がすべりやすい体質もありますが、以前の怪我の後遺症が原因になる事もあります。

また、日常生活に支障がない場合も多い為、軽い腰痛と思っていて腰椎すべり症に気が付かないケースもあります。

 

ただの腰痛、と放置していると、さらに重篤な症状が出る可能性がある事が分かりました。

南丹市の八木、亀岡市並河からも来院があるちよかわ接骨院は腰痛に特化した施術を行なっております。腰痛の原因が分からなくても、当院はきちんと施術前に検査を行い、原因を把握した上で適切な施術をご提供しております。

 

土曜日も開業しており、平日お仕事で忙しい方など、社会人の方の患者様にも多くご利用いただいております。

千代川町だけでなく最寄り駅が並河駅である大井町、南丹市八木町、南丹市園部町で腰痛の治療に実績のある、亀岡市ちよかわ接骨院までお気軽にご相談ください(^^)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

施術メニュー

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛坐骨神経痛股関節痛膝の痛み足裏の痛みスポーツ外傷・怪我

交通事故施術

むち打ち治療頚部捻挫手の怪我足の怪我バイク事故自転車事故

自動車事故・人身事故頭痛治療接骨院と整形外科の違い慰謝料 交通事故

当院のご案内

アクセス問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

公式サイト ちよかわ接骨院

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

投稿日:2017/07/12

産後「骨盤矯正」が必要な3つの理由【亀岡市 ちよかわ接骨院】

 

こんにちは!亀岡市のちよかわ接骨院です。

 

出産後の女性の中で、頭痛や冷えなどの症状が出るようになった、体重は戻ったけれども下半身太りが治らない、左右の体のバランスが違う、などのお悩みをお持ちの場合には、骨盤が歪んでしまっている可能性があります。

女性は、出産の際に赤ちゃんが通る産道を作る為、骨盤が開きます。この骨盤が開いている状態のままにしておくと、上記のような症状が現れやすくなります。

産後の骨盤矯正が必要と言われている3つの理由について、今日はお話ししたいと思います。

一つ目は、代謝の低下を防ぐ為です。

骨盤が開いたままになっていると、歪んだ形で固定されてしまい、筋肉や血流の流れも乱れた状態となってしまいます。この結果、血流やリンパの流れも悪くなり、基礎代謝力が落ちてしまう事の繋がるのです。

代謝が落ちると、太りやすく痩せにくい体となってしまいます。また、リンパの流れが滞ると冷えやむくみ、生理不順、気分のイライラなどの女性特有の症状の原因にも繋がります。

二つ目は、姿勢の悪さを引き起こす為です。

骨盤は、人間の体の中でも重要なポジションを担っています。骨盤がゆがむ事によって悪い姿勢を引き起こし、その結果血流の流れが悪くなり、頭痛や肩こり、腰痛などの体の痛みとして出てきます。特に、産後は慣れない赤ちゃんのお世話や抱っこ、寝不足が続く事になりますので体に痛みや不調も出やすくなっています。産後に肩こりや腰痛、頭痛に悩まされるようになった方は、育児疲れが原因と思いがちです。もしかすると、骨盤の歪みから来ている可能性があります。

三つ目は、骨盤を正しい位置にしておくことによって次の出産に良い影響があるからです。

次のお子さんを出産する時に、歪んだ位置で固定されてしまった骨盤は、産道が開くのにも時間がかかってしまいます。産後骨盤矯正を行う事によって、次の出産の安産に繋げる事もできるのです。

亀岡市のちよかわ接骨院では、産後骨盤矯正の施術も得意としております。普通分娩の際には産後1か月後から、帝王切開の際には産後2〜3か月後から施術をご提供可能です。「骨盤矯正を受けたいけれども、赤ちゃんを預ける先がないから…」という方もご安心下さい。当院は、女性スタッフも多数おり、小さいお子さんをお連れのまま施術を受けていただく事も可能です。産後の子育て中のお母さんの、骨盤矯正の施術実績も高い当院をぜひご利用下さい。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

施術メニュー

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛坐骨神経痛股関節痛膝の痛み足裏の痛みスポーツ外傷・怪我

交通事故施術

むち打ち治療頚部捻挫手の怪我足の怪我バイク事故自転車事故

自動車事故・人身事故頭痛治療接骨院と整形外科の違い慰謝料 交通事故

当院のご案内

アクセス問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

投稿日:2017/07/05

その不調…更年期障害かも【亀岡市ちよかわ接骨院】

こんにちは!亀岡市で骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、ちよかわ接骨院です。

なんだか調子が悪い…。その不調はもしかしたら更年期障害かもしれません。年のせいだからと我慢せず、早めに対策をとることが大切です。

不調の原因は?

個人差はありますが、閉経を迎える平均年齢は約50歳で、一般にその前と後5年間ずつを更年期といいます。

更年期に起こるさまざまな心身の不調は「更年期障害」といわれ、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンの減少に身体がついていけなくなることにより起こります。

エストロゲンは、脳、骨、血管、皮膚、粘膜など全身に作用し、女性の身体を守ってくれていますが、40代後半を境にエストロゲンの分泌量は急激に低下していきます。さらに、更年期は、こどもの巣立ちや夫の定年、親の介護など、家庭や仕事なと周囲の環境が大きく変わる時期でもあり、こうした変化やストレスなども更年期障害を引き起こすきっかけになります。

症状は、ほてりやのぼせ、不眠やイライラなど、さまざまな心身の症状が現れます。そのほかに症状として多いのが「手指の関節痛や足の痛み」です。起床時に感じることが多く、関節が痛い、手が握りにくい、足首や足の甲に痛みがある、などの症状があり、整形外科でも原因が分からず悩んでいる人が多くいます。

また、気をつけたいのが「骨粗鬆症」が更年期以降に増えるということです。骨粗鬆症になると、骨の強度が低下し骨折しやすくなります。高齢者の骨折は寝たきりの原因になることが多く、早めに対策をとることがとても重要です。

更年期を迎えたら

まずは、女性の身体について知り、ホルモンバランスの変化に気付いて早めに対策をとることが、更年期、そして更年期以降の生活の質を高めるために大切です。

医療機関では、ホルモン補充療法や漢方薬など、その人にあった治療をおこないます。そして、定期的な健診を受け、自分の身体の状態を知っておきましょう。

生活習慣は、睡眠、運動など規則正しい生活とバランスのとれた食事、積極的に人と関わるなど、基本的なことですが、毎日の積み重ねが大切になります。

更年期以降は生活習慣病や骨粗鬆症が気になり始めますので、糖質(炭水化物)や塩分の摂取を控え、ビタミン、ミネラル、カルシウムが豊富な食生活を心がけましょう。

亀岡市のちよかわ接骨院では栄養についてのアドバイスも行なっております。自律神経の崩れを調整する施術も行なっておりますので、更年期障害で身体の不調でお悩みの方は亀岡市のちよかわ接骨院までご相談ください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

施術メニュー

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛坐骨神経痛股関節痛膝の痛み足裏の痛みスポーツ外傷・怪我

交通事故施術

むち打ち治療頚部捻挫手の怪我足の怪我バイク事故自転車事故

自動車事故・人身事故頭痛治療接骨院と整形外科の違い慰謝料 交通事故

当院のご案内

アクセス問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

 

投稿日:2017/06/20

ギックリ腰で気をつけるべき3つのこと

 

 

朝起きた時に急に腰が痛くなった、しゃがんでいる、もしくは中腰姿勢から立ち上がった時にいきなり腰に激痛が走った、などの症状が出た時にはギックリ腰の可能性が高いです。ギックリ腰の症状や、気を付けるべきこととは…

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

こんにちは、亀岡市・南丹市のちよかわ接骨院です(^^) 当院は亀岡市千代川町だけでなく、最寄り駅が並河駅である大井町、南丹市八木町、園部町からも多くの患者様が来院いただいております\(^o^)/

今日はぎっくり腰についてお話します^_^

 

一つ目は、ギックリ腰の症状についてご説明します。ギックリ腰は、急性の腰痛で腰の部分の捻挫に当たります。また、疲労など慢性の腰痛とは異なり、動かすと激痛が走るなど、急に激しい痛みが出る事が特徴です。

また、ギックリ腰の発症は、重い物を持ち上げた時などで「グキッとなる」といったイメージを持たれる方が多いです。その為、グキっとなっていないからギックリ腰ではない、と判断されてしまいがちです。けれども、前日までは何もなかった腰が急に、かつ激しい腰痛に襲われている時には、ギックリ腰の可能性がある事を頭に入れておきましょう。

 

二つ目は、早期かつ適切な治療が必要という事です。ギックリ腰は腰の捻挫ですので怪我です。怪我は治療しないと治りません。また、捻挫は癖になると言われていますが、ギックリ腰も同じく癖になりやすいです。その為、ギックリ腰が疑われる時にはすぐに治療を受ける事、かつ癖にならない様に適切な治療を受ける事が大切になります。

亀岡市ちよかわ接骨院のギックリ腰の治療は、患者様の姿勢の歪みの矯正などもしながら、オーダーメイドでの治療をご提供しております。癖になりにくく、痛みも取り除く事ができますので、ギックリ腰の治療の際にもぜひ当院までお越し下さい。

 

三つ目は、ギックリ腰の患部は温めない事です。捻挫による炎症が起きている為、ギックリ腰は温めると逆効果です。冷やすのは効果的です。捻挫と同じく、ギックリ腰も冷却材でのアイシングは有効です。また、当院での治療や施術後に痛みがなくなっても、患部を無理に捻るなどせず、数日間は安静にすることをお勧めします。下にある物を取る時なども、腰を曲げるのではなくしゃがんで、腰をできるだけ動かさない様に心がけると、ギックリ腰の早期回復に繋がります。

亀岡市のちよかわ接骨院では、治療後のケアの方法のアドバイスも行っております。清潔な環境で、各ベッドにカーテンでの仕切りをご用意しており、プライバシー対策も万全です。他のお客様の目も気にならない中でギックリ腰の治療を受ける事ができます。

 

千代川町だけでなく最寄り駅が並河駅である大井町、南丹市八木町、南丹市園部町でぎっくり腰や慢性腰痛の治療に実績のある、亀岡市ちよかわ接骨院までお気軽にご相談ください(^^)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

施術メニュー

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛坐骨神経痛股関節痛膝の痛み足裏の痛みスポーツ外傷・怪我

交通事故施術

むち打ち治療頚部捻挫手の怪我足の怪我バイク事故自転車事故

自動車事故・人身事故頭痛治療接骨院と整形外科の違い慰謝料 交通事故

当院のご案内

アクセス問い合わせ地図

【最寄り駅が並河駅の大井町、南丹市八木町、南丹市園部町、能勢町からも来院】

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

公式サイト ちよかわ接骨院

 

投稿日:2017/05/26

腰痛の治療体験談:亀岡市S様「骨盤矯正の歪みも矯正…」

こんにちは!亀岡市で骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、

ちよかわ接骨院です。

先日、腰痛の治療に亀岡市千代川町から来られたS様が施術を受けられてから、書いていただいた体験談です。

「腰痛が出たため、知人の紹介で来院しました。知人から聞いていたとおり、毎回じっくり、とても丁寧に施術していただきました。骨盤のゆがみも矯正いただき、今は全身がとても良い状態です。また今後も時々、調整をお世話になりたいと思います。」

亀岡市 40歳女性 S.A様

※上記は、個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

スタッフより

S.A様、ご感想を書いて頂きありがとうございます!当院では出来る限り患者様にも症状をわかりやすく説明することを心がけております。定期的なメンテナンスでカラダも心もスッキリした日々を送れるようお手伝いさせていただきます!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛むち打ち治療スポーツ外傷・怪我問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621-0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771-23-1872

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

 

投稿日:2017/05/02

頭痛の半数以上を占める緊張性頭痛の病態とは、、、

こんにちは、ちよかわ接骨院です。

 

 

今回は前回紹介した頭痛について、少し掘り下げて書いてみますね。

 

首や肩からの頭痛を改善していくにはその原因を治療していかなければなりません。

緊張性頭痛の多くは首・肩が原因で引き起こされます。

例えば・・・

1,首に負担をかけている

2,首に負担のかかりやすい状態

3,内蔵に負担がかかっている

4,自律神経の不調

5,病気

 

1,首に負担をかけている

仕事でのデスクワークはパソコン作業をしている時間が多いと思います。うつむいて、同じものを見続けている時間が長く首に負担をかけ続けてしまいます。また日常生活でも、スマホ操作などで負担をかけ続けているので首は悲鳴をあげてしまうことになります。

 

2,首に負担のかかりやすい状態

首に負担のかかりやすい状態で首や肩の緊張が強くなっている方は多いです。靴が合わない、足などを怪我している、骨盤の歪みなどが原因で、身体がアンバランスになっているとバランスを取ろうとし首に負担がかかってしまいます。

また、姿勢を無理に良くしようと胸を張った背筋を伸ばした姿勢を取ることや、その状態でパソコン作業をする事で首に過剰な負担がかかります。

 

3,内蔵に負担がかかっている

胃腸などの消化器系や腎臓に疲労がたまり弱ってきてしまうと首や肩に症状が出現することもあります。このケースで頭痛が起きているケースはとても多いです。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、冷たいものを飲食することで内蔵に負担がかかり、その影響で頭痛がでることもありますので注意が必要です。

 

4自律神経の不調

ストレスがかかっていたり、寝不足が続いていると自律神経が乱れてしまい、回復の機能の低下。免疫力の低下、筋緊張が続くというような症状が出て頭痛を引き起こしてしまいます。

 

5,頭痛は病気の症状で出ることもあります。脳梗塞や脳の障害からの頭痛の場合もあるので、頭痛がひどい場合は一度病院で検査をすることをおすすめします。それで異常がなければ、治療することで解消される可能性が非常に高いです。

 

 

治療以外のところで予防出来ることは、例えば首に冷気を当てない、スマホ・パソコンの使用時間を考える、バッグの中身(重さ)を考える、手枕をしない、睡眠不足を避ける、暴飲暴食を控える、無理なストレッチをしない(間違った方法だと症状がひどくなります)などがあります。

 

 

頭痛の原因のところでも書いていますが、多くの頭痛は筋肉だけに問題があるわけではありません。慢性的な頭痛は内蔵疲労も起こしているのです。頭痛を引き起こしている内臓に対してアプローチを行うことで治療の効果を高めていきます。

 

頭痛に対して色々な疑問を持たれている方は多いと思います。説明を行い通院間隔などを提案させていただきます。どんな些細なことでも構いませんのでお声掛けください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛むち打ち治療スポーツ外傷・怪我問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

投稿日:2017/03/23

医者も知らない腰痛予防の〇〇とは【亀岡市 ちよかわ接骨院】

こんにちは。亀岡市で骨盤矯正、スポーツ整体をおこなっております

ちよかわ接骨院です。

 

今日は、医者も知らない腰痛予防の〇〇とは…

 

という大胆なタイトルをつけてみました。

(お医者さんには大変失礼ですね。すみません。)

 

お医者さんは実は知っています!

しかし、病院では教えてくれない腰痛予防の

「筋肉」

について、今日は細かく説明したいと思います。

 

 

腰痛と関わりの深い腰椎の筋肉。

 

腰椎のインナーマッスルとして、多裂筋、内腹斜筋、腹横筋があります。

 

多裂筋の筋力強化法の1つを紹介します。

 

 

 

 

多裂筋に限定した強化法です。

 

内腹斜筋、外腹斜筋は体幹を捻って腹筋をすれば強化できます。

 

 

 

 

 

膝を曲げて木でない人は膝を伸ばしてやっても構いません。

 

腹横筋のトレーニングはお腹を引っ込めます。

単に引っ込めるのではなく、息を思いっきり吸い込んで引っ込める動作をおこないます。

引き込める動作をする筋肉が腹横筋になります。

 

余談ですが、この3つの筋肉はお臍(おヘソ)を境に上下で構造が違ってきます。どういうことかというと、ヘソの上と下では腹斜筋などの繊維の向き、方向が違うのです。(どのように違うかは割愛します)おヘソの上は引っ込めにくいですよね。お腹を引っ込めるというと、おヘソから下が凹みます。(腹横筋がミソ)

 

腹横筋は骨盤の横側にあって、骨盤を締める方向にあります。

その上に内腹斜筋があって、さらにその上に外腹斜筋がある。表面から順番にいくと【外腹斜筋→内腹斜筋→腹横筋】となっていて、腹横筋は肋骨から下に存在し横にあります。

この「腹横筋が弱い」ということで、骨盤は広がってしまいます。(アウトフレアになっていく)つまり、腹横筋を鍛えるということで骨盤をインフレア、骨盤の前を締める方向にもっていける。

 

腹横筋は単独であるわけではなく、内腹斜筋、外腹斜筋と共にあるので、すべてを鍛えることによって、非常に腹圧が高まってきて強くなることで、骨盤の状態も良くなります。(インフレアになる)

 

ちよかわ接骨院では腰痛を改善する骨盤矯正治療をおこなっていますが、このような筋肉とのバランスも同時に考えた予防法もお伝えしております。

 

腰痛予防でお悩みの方はちよかわ接骨院までご相談ください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛むち打ち治療スポーツ外傷・怪我問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

 

 

投稿日:2017/03/15

膝の痛みの治療体験談:京都市 K様「ヨガや縄跳びをすると膝が…」

こんにちは!亀岡市で骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、

ちよかわ接骨院です。

先日、膝の痛み、腰痛の治療に京都市西京区から来られたK様が施術を受けられてから、書いていただいた体験談です。

かじえりこ様

「千代川駅からも、職場からも近いという理由で通い始めました。

ヨガや縄跳びをすると膝が痛く出来なかったのが、楽になりあまり痛みを感じる事が無くなりました。

治療も痛みを全く感じない事に初めて行った時、驚きました。

また、いつも丁寧に診て下さり、優しい話し口調や雰囲気にも癒されています。」

 

西京区 39歳女性 K.R様

※上記は、個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

スタッフより

KR様、ご感想ありがとうございます!スタッフの似顔絵イラストも書いて頂き、とても喜んでいます。

最初の頃より、痛みが改善されているようで嬉しく思います!

ちよかわ接骨院ではバキボキしない無痛整体をしておりますので、安心して今後もメンテナンスしていきましょう!

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全身骨格矯正産後の骨盤矯正肩こり腰痛肘・膝・手首の関節頭痛むち打ち治療スポーツ外傷・怪我問い合わせ地図

ちよかわ接骨院

〒621−0051

京都府亀岡市千代川町今津1-11-10レジェンド千代川1-B

 

(JR千代川駅下車1分)

電話:0771−23−1872

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

やまぐち整骨院

〒629−0323

京都府南丹市日吉町田原西畑20−10

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

電話:0771−72−0640

公式サイト ちよかわ接骨院・やまぐち整骨院

 

投稿日:2017/03/01

若年者でも腰痛が起こるのはなぜ?もしかしたら

若年者(中学生〜高校生くらいの)腰の痛みについて

 

 

多い疾患としては「腰椎分離症」といわれるものがあります。

 

先天的素因で発生するものもありますが、多くは腰椎疲労骨折が原因です。

 

バレーボール、サッカー、野球など、あらゆるスポーツで発生します。

 

要因として、腰椎の伸展・回旋動作による繰り返しのストレスが挙げられ、関節突起間部に外力が加わり亀裂が生じます。若年者で腰椎を訴える場合には、まず疑うべき疾患です。

 

症例

17歳の男の子が1週間前、サッカーの試合中に腰痛が出現する。その後も運動を継続して様子をみたが、疼痛(ズキズキと痛む)が強くなったため受診されました。前屈運動では痛みがなく、伸展時(反るような動作)に疼痛が強く出て、触ると腰椎5番の棘突起(ボコッと出た背骨)に痛みが生じてました。整形での受診をすすめ、単純X線画像で明らかな所見がなかったものの、MRI検査にて右側腰痛5番椎弓に亀裂が発見され、腰椎分離症と診断されました。

 

 

ここで臨床の鍵ですが、

 

 

①若年者の腰痛では、腰椎の伸展痛、回旋痛、棘突起の圧痛、ケンプ動作で痛みがでれば腰椎分離症も考える必要がある。

 

②筋筋膜性腰痛とは異なり、安静や理学療法で症状が改善されない腰痛、頑固な腰痛、しばらく休んだ後に復帰してもすぐに再発する腰痛などでは腰椎分離症が隠れていることがある。

 

③症状からの類似疾患として仙骨疲労骨折も挙げられるためMRI読影の際に注意する。

 

④分離症には片側分離が多く、治療を完了しないまま復帰すると分離が癒合しない場合が多い。また片側分離が残存すると、対側(反対側)に外力が増加するため対側分離症の発症率が高くなる。

 

 

「ウチの息子、何ヶ月も腰が痛いって言ってるけど大丈夫かしら…?」

 

こんな心配はありませんか?

 

投稿日:2017/01/26

1 2 3 4 5 6 7 8

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:0771-23-1872】

院の案内

TOPへ戻る